満室大家さんガラガラ大家さん

入居者が10秒で決める部屋づくり
「こんな部屋に住みたかったの」と、思わず入居してしまう凄ワザ徹底紹介!
<こんなお悩みをお持ちの方へ>
・空室2割以上が3か月以上続いている
・リフォームするお金がない
・仲介業者が動いてくれない
・中古物件だけど家賃を上げたい
・建築会社に言われるがままに建てた
・地方でマンション経営をしたい
・供給過剰な状態で不動産投資するのが不安
・奥さんや子供に上手く相続したい

「これから物件を持ちたい! 」人から、すでに大家さんの人に贈る!
「満室大家さん」になるための教科書

■レビュー

☆Good!
自称「空室改善士」としてみたりキヨサキ氏のパクリ感プンプンのタイトルはどうかと思うが、
言われてみれば、当たり前だけど見落としがちなこと。
早速、退去した空室の工事時に参考にしました。

☆読みやすい文章で「女性目線」がとてもよく理解できた。男性としては目からウロコものです。施工写真の紹介で色使いが参考になった。
読みやすい文章で「女性目線」がとてもよく理解できた。男性としては目からウロコものです。施工写真の紹介で色使いが参考になった。


☆一度読む価値はあると思います
評価はいろいろあるようですが、正面から真剣に空室対策に取り組んだ本が少ない中で、試行錯誤して色々の方法を見つけ出したとこは評価の価値があります。
なかなか、こんな本がないのでお勧めします。

☆謙虚になることを学ぶ
女性目線で部屋作りー斬新な提案でした!
具体的にはー、
・10秒以内で決めさせる  玄関、トイレ、バス、キッチンの順でリフォームする
・「ここに住みたい」と言わせる色使い 特におすすめは赤、オレンジの暖色系
・長く入居してもらうためのコツ クレーム対応が欠かせない
・マンション経営勝機の項は解からなかった・・・です
・この種の本を定期的に読み、感性を刺激させる
・参考になったことを一つでもやってみる
そう感じさせてくれた本書は良書の一冊です

☆女性目線に目から鱗
内装は女性目線が大事とは言われていましたが、写真も入れて具体的に書いてあったのは初めてです。
コンサルティングの立場から書いているので、マンションリフォーム以外にも貸家など地域にあったアドバイスに感心した。


☆目からウロコの1冊でした
女性目線で実現!家賃収入が途絶えない満室経営ノウハウは、その通りで、特別に難しいノウハウでもないのですが、ほとんどの物件で、実践できていない盲点ばかりでした。
筆者は女性として実際の体験から満室経営のノウハウを蓄積し、それを惜しげもなく本にまとめていました。
私は男性で、しかも理系人間なので、デジカメ購入のマインドなどは、まさに私の感覚そのもので、女性の感性と感情は参考になり、膝を叩くものでした。
「こんなお部屋に住みたかったの」と思わず入居者が10秒で決める凄ワザ、大変参考になりました。
さっそく私も実践したいと思います。

☆目から鱗・・・。
殆どの満室本は購読していますが、どの本とも違う角度からの切り口でした。
おっさん大家ではセンスが無いと、はっきり言われた事は、ショックでもあり、新鮮でした。
収益物件を4棟所有していますが、最近少しずつ空室が出始めています。
管理会社の担当者さんと打合せをして、出来る限りの努力はしているつもりですが・・・。
関西在住なので、一度、著者の尾浦先生に相談しようかと思う程の内容でした。
もう少し頑張って、それでも空室が埋まらなければ、妄想部屋にチャレンジです。

☆女性目線での満室対策に感心
女性ならではの細かい満室対応策に学ぶべき点が多く、今後小生の物件にも適用したいと
思います。
不動産の規模拡大を目指しており、常に入居者の目線で満室を目指し、高稼働率の
不動産経営を目指します。有難うございました。

☆マンション経営を考えている人は読み逃せない一冊
この本は、人口減少が進んでいく日本において、失敗しないマンション経営はどのようにすればいいのか。その問題をクリアするための必読書と言っても過言ではないと思います。他の物件と何か差別化を図らなければ、家賃が安く、新築の物件に借主を奪われてしまいます。物件に特徴を持たせなければ否応なしに価格競争の波にさらされるということです。それを防ぐ方法として「女性目線での部屋づくり」が最も手っ取り早い方法です。この本は、かなり具体的に、その手法が書かれています。専門用語も、ほとんど出てこないので、不動産初心者にも安心。内容は不動産投資家の方でも新しい視点を身に着けるうえで役に立つものでしょう。「不動産投資を考えたい。でもどうしたらいいかわからない」という人はまずこの本からスタートすることをおすすめします。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています

☆写真を増やして
「相続税対策に有利」と称して、建設会社が、手当たり次第にマンションを建てまくる。そんな営業を実際に行っていた著者が、過去を反省して(?)、大家さんの立場から、満室経営のアドバイスを書きました。

ポイントはいくつかありますが、例えば、次のような点です。
(1) 入居者のイメージを、性別や家族構成以外にも、できるだけ具体化し、それに拘った部屋を用意、または、リフォームする。年齢、年収、職業、趣味、生活パターンなどなど。
(2) アピールするターゲットを女性にし、1点豪華主義で、お金をかける。
(3) 事業計画については、収入見込み、借入金返済、修繕費、光熱費、税金など、細かいところまで、きっちり確かめる。

いずれも納得的で、参考になります。
欲を言えば、リフォームした部屋の写真紹介が少ない(しかも小さい)ので、もう少し、増やしてほしいです。

☆参考になります。
空室に対する捉え方が変わりました。
部屋を埋めていくメソッドが体系化されており
理解しやすかったです。

軽い気持ちで手に取ったのが、
思わぬ収穫となりました。

☆無題
大雑把なようで細かい気配りがキー。姿鏡も破壊力あり

☆無題
最近、満室経営系の書籍をよく読んでいるが、この女性目線のアプローチは勉強になった。また、ターゲット層の絞り込みも使ってみる価値あり。良い本です。

☆無題
誰にも好かせる物件にしてはいけない、ターゲットを明確化しそれに合った物件することが大切、女性目線(イメージや直感)を大事にする。一言で説明できるマンション、10秒で選んでもらえる物件(一点豪華主義、選択と集中、ターゲットのプロファイリング、事業としてやっていけるかどうか目的と目標を明確化する。数字に強くなる。その地域におけるマンションのランクを知る。

☆無題
資本家になった人のほとんどが所有するのが不動産。うまく行けば老後も家賃収入が得られるがしかし仮に不動産を所有してもうまく満室経営ができなければ赤字に転落。日本で唯一の女性賃貸マンションコンサルタントとして起業した著者が女性のハートを掴み満室経営するためのノウハウを語る一冊。

タイトルとURLをコピーしました