お客様の声

社長の言葉研究所 代表 田中美絵さま

 

私が、東京都内で17年半借りていたマンションの貸主から、急に「退室依頼」を受けたのは次の契約更新日の6ヶ月前でした。確かに、賃貸契約書の規約では6ヶ月前に通知があれば退室と記載があります。しかし、私共も家族3人での暮らし、120平米近い床面積です。とても半年で別件を探して転居するのは難しく困り果てました。


仲介の不動産業者は、「居住権があるからと突き放しなさい」というばかりで、間に入ろうとはしてくれません。やむを得ず、直接、貸主さんに連絡すると、「長く海外在住だった息子家族がやっと帰ってくるから」と仰るばかり。すでに90歳近いご夫婦のお気持ちも分かり退室を決心しましたが、でも急には先立つモノもありません。


そんな窮地の時に、尾浦さんにご相談しました。すると翌日には大阪から上京し、大家さん宅へ説得に向かってくださった。あまりの早い行動に驚きましたが、なおびっくりしたのは、交渉して3日後には「引越し代金」と「慰謝料」の名目で現金を獲得してくださったことです。不動産コンサルタントというと、まだあまり知られていないプロフェッショナルですが、そのきめ細かい対応と凄腕に、本当に助けられました。

仁愛歯科クリニック院長 中村諭さま

尾浦さんに頼んだのは、最後はお人柄。
最後はお人柄でも、良い場所の不動産ほど手に入りにくいであろうことから、悪い場所での勝負になった場合は、空室対策こそが肝になると考えていて、そのノウハウこそが重要となってくると考えていた。

また、乱立する物件の中から素人が簡単に優良物件を探せるなど甘くは考えていなかったし、山勘で不動産を探すには投資額が大きすぎる そこで、数値や調査だけでなく、経験上の選定眼をもつプロの力を借りたいと考えていた さらに、複雑な取引や銀行とのやりとりを自分一人でなくチェックしてくれる方を必要としていた。


優良物件の情報が集まってきて紹介してもらえるのは、オマケぐらいに考えていたが、素人が良い物件と巡り会うのは難しい、それ以前に誰かから誰かへ渡ってしまうものだと、今は痛感している。14年前に買った時とほぼ変わらず販売できました。

ブザン公認 マインドマップR 公認インストラクター 矢嶋美由希さま

不動産屋さんを避けたという気持ちがあったわけではありません。 投資物件をお持ちの方への空室対策(満室経営)に定評がある方だとかねてからお伺いしていたこと。
そして、今回の物件がちょっと特徴のあるものかも?と思い立ち、ちょっと相談した時に適切なアドバイスを頂けたので、その場でお願いすることに即決しました。


今回の売却は、私のとっては3回目でした。 新築マンションを購入して、売却。 新築一戸建てを購入して売却。 中古マンションを購入して売却。 新築を購入して売却するのは、資産価値が下がるリスクがあるものの難しいものではないように思いました。 ただ、今回の中古マンションの売却は、バブルの頃に建ったものです。
売却ではなく賃貸に出すことも考えましたが、23区のはずれにあるという立地と、100平米ほどの広さを考えると、賃貸で借りる人はほぼ皆無だろうと予想出来ました。


ローンの残債もあるので、高く売れたら嬉しい。そこには、単純な売却ではなく「空室対策(満室経営?)」のノウハウを持っている尾浦さんが最適だろうと考えました。
尾浦さんの事務所は神戸なのですが、依頼して早々に下見?に来ていただきました。 間取りや現況を確認して、提案いただいたのが2案。 「このまま売却する」のと「リフォームして売却する」 いずれにせよ共通していたのは、「不動産が動いている年度末の時期に売りに出せると良いだろう」ということ。
こういうアドバイスは、専門家の見立ての方が正しいと思っているので、すぐに転居先を探して、3月上旬には引越しを終えました。


その後、ハウスクリーニングやらリフォームやらを丁寧にして頂きました。 まるで別のマンションのようにきれいになった我が家を見て「もう一度住みたい!」と思ったのは内緒です(笑)
売却を後悔したくなるような仕上がりでした。 リフォームだけでなく、その後モデルルームのような飾り付けをしていただきました。 私自身も中古で購入した時から気に入って住んでいたマンションですが、その良さを引き出すような飾り付けとなっていたこと。
また、近隣の環境の良さを「良いところね」とたびたび口にするだけでなく、SNSやYouTubeで発信してくださっているのを知り、本当に嬉しかったです。
売主だけでなく、売却してくれる尾浦さん自身が物件を気に入って可愛がってくれていたら、良い結果になるだろうと安心してお任せすることが出来ました。

単純に売り出すよりも少しでも高く売れるために知恵を絞ってくださること、 そして女性目線での飾り付けをしてくださるのは大きなメリットだと思います。過去に不動産を3件購入した私ですが、どの不動産の営業マンに確認しても「奥さんがウンと言わないと契約には至らない!」と話していました。不動産を購入できるほどの世帯収入の大部分を支えているのは男性であることも多いのでしょうが、決定権を持っているのは女性です。 そして、今回の売却物件を購入してくださったご夫婦も「奥さんから一度も文句が出なかった物件はココだけだった!」というのを繰り返し話されていました。


不動産業界は男性が中心のイメージですが、その中で長い間活動してきている実績。そして、女性の心を動かすインテリアや配色のセンスというのは本当に価値があるものだと思います。 しかもその飾り付けも、値段の高いものだけで仕上げれば雰囲気も良くなるのでしょうが、負担も大きくなります。
飾り付けにもコツがあると話されていて、高級感のあるものと安いものを適度に織り交ぜているとのこと。細部にまでこだわっている姿勢には頭が下がりました。
きめ細かい対応と凄腕に、本当に助けられました。

タイトルとURLをコピーしました